MENU

精霊馬(しょうりょううま)とは

「精霊馬(しょうりょううま)」をご存じでしょうか?この名前を知らなくても、実物を見れば分かる人も多いと思いますが、お盆の時期に飾るきゅうりやなすでつくられた四つ足の人形、あれのことです。

季節の野菜を可愛くお供えしているの?と思うかもしれませんが、精霊馬にはお盆ならではの深い意味が込められています。

そんな精霊馬を飾る意味、そして作り方や飾り方など詳しくご紹介します。

目次

お盆に精霊馬を飾る意味とは

まず精霊馬が何をかたどったものなのか、そこから説明していきましょう。「精霊馬」だから「馬」はもちろんですが、もう一つ「牛」も夏野菜でつくります。

一般的にはきゅうりを馬に見立て、なすを牛に見立てるのですが、地方によっても異なり、その逆もあるようです。

この夏野菜の馬と牛は、お盆にご先祖様があの世のとこの世を行き来するための、「乗り物」として用意されます。

見た目が可愛らしい精霊馬ですが、日本全国どこでもお盆に飾るというものではありません。基本的に精霊馬を飾るのは東日本で、西日本では飾らない地域が多く馴染みがないもののようです。

また、精霊馬を飾る地域であっても、お迎えとして飾ることがなく、お送りする日(送り盆)のみ飾る場合もあります。

宗教によっても飾らない場合があるので、東日本に住んでいても、実物は一度も見たことがないという人もいるはずです。

きゅうりやなすを胴体として、割りばしや爪楊枝などを4本刺して足にするのですが、きゅうりとなす、それぞれの役目は異なるものです。その役目が、お盆に精霊馬を飾る理由なのですが、詳しく見ていきましょう。

きゅうりの精霊馬

きゅうりの精霊馬は「馬」、ご先祖様のためのお迎え用の乗り物です。なすと比べたら、シュッとしてスマートな感じが馬っぽく見えますよね。

昔は馬や牛は移動するための乗り物として利用したり、荷物を運ばせたりしていましたが、牛と比べたら馬は断然早く走ることができますよね。

きゅうりの馬をお迎え用にするのは、そのスピードを重視しているからで、ご先祖様にできるだけ早くこの世に帰ってきてもらいたいという、お迎えするのを待ち望んでいる気持ちを表しています。

お迎え用の乗り物であるきゅうりの馬ですが、地方によっては逆にきゅうりの馬があの世へ帰る時に乗る物とされています。

これは、「お疲れだからなるべく早く帰れるように」という気持ちが込められているようです。

なすの精霊馬

なすの精霊馬は「牛」、ご先祖様があの世へ戻る時の乗り物です。ずんぐりした形は、スマートなきゅうりに比べるとやっぱりどこか牛っぽく見えませんか?

あの世へ戻る時はゆっくりと、これは名残惜しい気持ちが込められていますし、お供え物をたくさん持ち帰ってもらうために牛に運ばせるという意味もあります。

こちらも役目が逆になることがあり、この世に帰ってくるときになすの精霊馬に乗り、あの世に戻る時にきゅうりの精霊馬に乗るという地域もあるようです。

ゆっくりと帰ってきて欲しいからなすの牛に乗ってもらう、これは道中の景色をゆっくりと楽しんでもらいたいという、そんな気持ちが込められているといいます。

きゅうりやなす以外で作ってもOK?

精霊馬をきゅうりやなすで作るのは、夏の収穫をご先祖様に報告するという意味もあるのですが、お盆の時期に収穫量が多いこと、簡単に手に入ることも理由のようです。

精霊馬は必ずきゅうりとなすでつくらなければならない、そういった決まりはありませんから、それ以外の素材で作ってもOKです。

基本的に、胴体とそれを支える足が4本あれば馬や牛に見えますから、他の野菜や果物などで作ることができますし、最近では馬や牛以外の乗り物を作りお供えする人も増えているようです。

例えば、より早く移動できるようにと自動車や飛行機を作ったり、かなり手間のかかるものを楽しんで作っている人もいますね。

基本的なきゅうりとなすの精霊馬のつくり方について説明しましょう。

用意するのものはきゅうりとなす、割りばしですが、きゅうりとなすはできるだけ新鮮なものを用意してください。

また、より馬らしく速そうに見せるためにきゅうりはスマートなもの、まっすぐではなくちょっと曲がったものが適しています。

なすは牛らしく、きゅうりよりも太めのもの、どっしりした形のものを選びましょう。

作り方

きゅうりとなすはきれいに洗い、水気をしっかりと拭き取ります。

割りばしは1本を四等分に、割りばしがなければ竹串や爪楊枝でもOKです。

きゅうりとなすのへたのある方を頭に見立て、お腹の部分に割りばしを4本ずつ刺して立つようにします。

他の野菜・果物でも同様にして作ることができます。

また、伝統的な精霊馬の中には、野菜ではなく真菰(まこも)を使って作るものもあります。真菰はイネ科の多年草で万葉集や古事記にも登場し、神の宿る草として神事にも使われる植物です。

真菰は稲わらのように束ねて細工することができ、野菜で作るよりも本格的な精霊馬を作ることができます。

精霊馬の飾り方

精霊馬の飾り方について説明します。

飾る期間

精霊馬を飾るのはお盆の4日間が多いのですが、お盆は地域によって時期が異なるので精霊馬を飾る期間も違ってきます。

お盆を7月13日から行う地域と、8月13日から行う地域があり、新盆なら7月で旧盆なら8月に行われます。

▪新盆の地域 7月13日~16日の4日間
▪旧盆の地域 8月13日~16日の4日間

どちらも13日はお墓参りに行き、迎え火を焚くこともありますが、この日に精霊馬を用意し16日を過ぎたら処分することになります。

また、地域によってはお盆の期間中飾るのではなく、送り盆の時に飾ることがあります。

飾る場所

精霊馬を飾る場所は仏壇の前、「盆棚(ぼんだな)」や「精霊棚(しょうりょうだな)」というお盆に使う小さな机の上に飾るのが一般的です。

しかし、地域や家の習慣によっては門先や玄関に飾ることもあり、置く位置も手間でだけでなく両端や右端の奥など、異なることがあるので飾る時には確認した方がいいでしょう。

飾る向き

飾る向きは、お迎えする日やお送りする日や、飾る場所によっても異なります。

お迎えする日は精霊馬の頭を家の内側の方に、お送りする日は頭を家の外側に向けて飾りましょう。お迎えする日は家まで連れて来る役目がありますし、お送りする日はもちろん家の外、あの世へ連れて行く役目があります。

家の中ではなく門先や玄関に飾る場合は外側に向けますが、向きを変えずに飾る場合は馬を家の内側に、牛を外側に向くように置きます。

精霊馬の処分方法

お盆が終わったら精霊馬の役目も終わります。夏の暑い時期に生の野菜を飾り、それも足を作るために穴を開けてあるわけですから、お盆が終わるころには傷んでいるはずです。

ですから、食べて処分しようとするのは危険ですし、そもそもご先祖様が使用した乗り物ですから食べることは避けるべきでしょう。

しかし、ただゴミとして捨てるのではなく、感謝を込めて適切に処分します。処分方法は地域によって異なります。

お焚き上げ

ご先祖様の魂を運んだ精霊馬ですから、きちんと供養してから処分してもらうことで安心できますよね。お盆に精霊馬を作ることが一般的な地域なら、まとめてお寺で処分することもできるようなので、問い合わせてみてください。

川に流す

昔はお盆が終わると精霊馬を川に流すこともありましたが、現在は禁止されていることも多く、この方法での処分は難しいでしょう。

土に埋める

自宅で燃やして処分する方法も、以前は行われていましたが、川に流すのが禁止されているように自宅で燃やすことも問題があるので行われなくなってきています。

しかし、土に埋めるという方法ならいずれ土に還りますし、こちらは問題ないでしょう。

お清めして処分する

自宅に庭がなかったり、土地を所有していない場合は埋めることができませんよね。そうなるとゴミとして処分するしかないのですが、ポンとそのまま生ごみと一緒にするのは心苦しいですよね?

まず塩でお清めし、その後白い半紙に包んでからゴミとして処分しましょう。塩はできれば精製されたものではなく天然塩を、半紙がなければ白いキッチンペーパーなどでも大丈夫です。

まとめ

ご先祖様をお迎えし、お送りする役目のある精霊馬、最近は伝統的なきゅうりとなすで作るだけではなく、様々な野菜や果物を使い現代風の精霊馬を作って楽しんでいる人も増えています。

地域によっては精霊馬を作る習慣がない場合もありますが、今年はご先祖様を想う気持ちを込めて、精霊馬を作ってみませんか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる